スポンサーサイト

  • 2013.10.09 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ナチュラルな色合いのイジケモンスター靴下

    • 2012.10.10 Wednesday
    • 22:10
    片足分を編んだあと、かなりほったらかしになっていたものです。 もう片方をかなり編んでから間違っていたのに気づき、全部ほどいてから*ヶ月。編んだときのメモもなくしてしまい、目数を数えて設計図を再稼動。編み始めてみれば早いとは知っているものの、本当に早かった。リンクと違って、2色編みこみなので難しくなく、もうすぐできそうです。 図案を2色に減らせば、もっと色々なものが、たくさん作れると思うんですが、それで雰囲気をなくしたら本末転倒ですよね。自分で工夫して作れないかな〜。図案を描くのに表計算ソフトを使う人は多いようなので、そっちの使い方を覚えていこうかな。今やっているものを仕上げるほうが先だけど!

    ご無沙汰しております

    • 2012.10.05 Friday
    • 15:36
     更新をサボっている間に、次の編み物シーズンが来てしまった・・・

    昨シーズンから少しは上手くなったかな?
    設計図はもう少し描けるようになった・・・

    図案は同じでも、自分サイズ以外も作れるよう、とりあえず始めています。

    ゼルダの伝説・リンクのミトン 試作品とこれから

    • 2012.02.24 Friday
    • 00:23
    あの、最近、こういうものを、作っていたわけですよ。



    これはあくまで「試作品」の予定で始めたのですが、ミトンをいくつか編んだことがあるのもあり、数日で両手分完成しました。技術的な事やら何やら、作成者としては細かく言いたい部分がありますが、設計して、形にして、使えるものができたということで十分だよね、ということにしました。

    幸い、画像をみてくださった方々からうれしい感想をいただきまして、実物をお見せして、実際にはめてみてほしいな、なんて気持ちになりました。編みこみなので、はめるととても暖かいんですよ。

    次のミトンは、編んでいるうちにわかった「この設計では不便なこと」「気をつける箇所」「仕方のない部分」を考えて、設計と編む順番を少し変えます。基本的な形や模様は変わりません。その進捗状況とともに、最初のものを編んだ時のメモがあるので、それについても、今後記事を追加していきたいと思います。

    まずは、手首の部分を見てください。黄色と黒の縦ストライプになっていますね。黄色の上と下の部分が黒い糸と重なりあってちょっとかわいくないです。黒と黄色という目立つ組み合わせだったので、これを消すことにしました。

    以下のリンク先の方法を使わせていただきました。

    ーゴム編みできれいなストライプを編むーたた&たた夫の編み物入門

    その結果


    どうでしょう?写真の上にあるのが最初のミトンの手首です。下の(リンクミトン2号と呼ぼうかな?)は、問題の部分、消えてますよね。

    ちなみに最初のミトンは、手首は最後に編むやり方にしました。普段は手首→本体と編んでいて、手首を最後に編むというのは初めてだったのですが、そのせいか段数を数え間違えてしまいまして、左と右で一段違います(手首と本体の間の黒い部分を見てみてください)。手首を最初に編めば、そういう間違いはしないはず・・・

    手首を先に編むのと後に編むのとでは、どちらにもよい点があるので、また実験したいです。ただ、基本的には先に編むほうがいろいろ簡単だと思います。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ゼルダの伝説・リンクのミトン試作品ができるまで2
      みすと (03/11)

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM