スポンサーサイト

  • 2013.10.09 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ゼルダの伝説・リンクのミトン試作品ができるまで3

    • 2012.03.18 Sunday
    • 15:39
     久しぶりの更新です。
    ミトンなど冬物の季節もそろそろ終わりですが、記録として残したいので、ぼちぼち更新していきたいと思います。(あ、でも、靴下はオールシーズン使えるからいいかな・・・)

    前回では「輪編み」でミトンを編もうとした理由と、多色で編みこむイヤさ、いや難しさについて書きました。心の準備が大事だと。

    この記事でやっと編み始めます。

    「ミトンを編みはじめる場所について」


    ふつうは、手首から指先に向かって編んでいくと思うのですが、今回は「手首から上を最初に編んで、後から手首から下を編む」ことにしました。それは、「最初にリンクの絵を編みたい」と思ったからです。それで、リンクの図案部分が小さかったり、ミトンの下のほう過ぎたらかっこ悪いので、「後で手首から上のサイズ調整できるようにしよう」と思ったのです。でも、きちんとした方はあらかじめ計算してからやると思います。私もそうなりたい。

    聞くところによると、「指先から編む方法」というのもあるそうです。どんな時にいい方法なんでしょうね?たとえば、5本指手袋が、指の長さをはかりながらピッタリに作れるとか?

    さてさて・・・

    • 「後からほどく作り目」をします

    使う棒針より少し太いかぎ針(今回は6号、もっと太くてもいいかも)で、ゆるめに50目ちょっとくらい鎖編みをして、必要なだけ(今回は48目でしたね)拾い目をします。あとで鎖編みのほうは解くので、できれば、ほどきやすいすべすべな糸でやるといいです。編み出し糸とか、それ専用の糸もあります。私はいつも、そこらへんにある余り糸を使うので、大体解くときに「ああ!またからまった」ってなります(改めろ)。

    • 短い棒針4本に目を分けます

    12目ずつ4本の針に分けました。ねじれないように注意。そして、5本目の針で編んでいきますー

    • 輪にして編み始めます

    最初の目と最後の目を入れ替えると編み始めやすい、というのを本で読んで、実際便利だったので、私はいつもその方法でやってます。ここらはお好みで。

    • 2段くらい編みます

    輪にして最初に編む段はきつくなる(私だけかな?)ので、いきなり編みこみを始めるのは難しいです。ぐるぐると2段というか2周か、私はそれくらい編んでから編みこみを始めます。手のひら側の黄色い糸、リンクの足の茶色い糸を用意しましょう〜

    編みこみを、手のひら側から始めるか、手の甲側から始めるか決めておきましょう。後でずれたらちょっと悲しくなります。ここらは、お手持ちの編み物本の記述と同じ形式でメモを残しておくと迷わないかもしれません。


    次回編みこんでいきますが、画像を撮っていないところは別の作品(後から作ったゼルダ姫のミトン)の写真で説明するかもです。

    スポンサーサイト

    • 2013.10.09 Wednesday
    • 15:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • ゼルダの伝説・リンクのミトン試作品ができるまで2
        みすと (03/11)

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM